DairArt MovieLog

アクセスカウンタ

zoom RSS キングダム・オブ・ヘブン

<<   作成日時 : 2005/05/23 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

キングダム・オブ・ヘブン
歴史的にも有名な十字軍の話。
興味深いテーマだったのと、主役のオーランド・ブルームが見たかったが為に、意気込んで初日に行ってみたのだが、劇場はおもいっきり空いていた。歴史大作映画という触れ込みだとやっぱり尻込みする人が多いのかもしれない。
で、肝心の映画だが、もちろん脚本は悪くなかった。キリスト教側ばかりを極端に良く描いている訳でもなく、イスラム側からみても公平な脚本でとても良かったと思う。また、戦旗を翻しながら戦闘に向かうシーンなんかはとても素晴らしいし衣装も魅力的だった。特に戦闘シ−ンや、エドワード・ノートン演ずるボードワン4世の関わって来るエピソードでもぐぐっと集中できる。でもなぜかそれ以外のシーンでは気持ちが散漫に・・・どうもオーランド・ブルームが悪いらしい。私にはオーランドが最後までバリアンに見えないまま終わってしまった。主人公のバリアンという人物は信仰する神さえも疑い初めて、生きるという事を見失っているもっと苦悩する人物だと思うのだが、どうにもオーランド演するバリアンはただただスマートな聞き分けのよい人物にしか見えなかった。
宗教という名の元に、己の欲望を満たすがために戦争を行っている・・・とても悲しい事だが、今起こっている戦争も理由はたいして変わらない。何年経っても繰り返されること。もともと人間のもっているものは「悪」なのかなぁと寂しく感じた。
キングダム・オブ・ヘブン [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キングダム・オブ・ヘブン DairArt MovieLog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる