アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
DairArt MovieLog
ブログ紹介
映画のレヴューを中心としたBlog

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド
ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド 昨日は、Brothers of the Head の試写会に行ってきました。 Offical Site : http://brothers-head.com/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/12/22 15:18
エラゴン 〜遺志を継ぐ者〜
エラゴン 〜遺志を継ぐ者〜 エラゴン 遺志を継ぐ者 それ、なんてスター・ウォーズ? エラゴンの試写会に行ってきました。 叔父の元で育った17歳の少年・ルークじゃなくって…エラゴンが、ドラゴンの卵(R2D2)を拾い、育て、村の住人・ブロム(オビ・ワン)に指南されながら、敵(ジョン・マルコヴィッチ演ずるダース・ベーダー)と戦い、最終的に強い心を持ったドラゴン・ライダー(ジェダイの騎士)へ成長していくというファンタジー。 すでにトリロジーとして制作されると発表されているので、今作はその1作目(っていうか、マルコヴィッチが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 28 / コメント 0

2006/12/15 23:25
硫黄島からの手紙
硫黄島からの手紙 硫黄島からの手紙 まるで日本人監督が撮ったかのような作品に仕上がっていた。 非常にすばらしい出来であったけれども、C・イーストウッドは伝えたいことを明確にするために、そもそもの戦争の意味や、日本人が戦争を行う上でしていた事実は省くことにしたのだと思う。 ※戦略のための塹壕は日本人兵士のみが掘ったものではなく、朝鮮半島から連れてこられた数百人の人間が劣悪な環境下で働かされていたが、作中にはそのことは出てこない。「穴を掘る」ということが映画において1つの大事なキーワードになっているためもあると... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 1

2006/11/16 20:34
父親たちの星条旗
父親たちの星条旗 父親たちの星条旗 本日はクリント・イーストウッドの最新作「父親たちの星条旗」の試写会に行ってきた。 これは11月末に公開される「硫黄島からの手紙」と対になる作品で、アメリカでも先日公開されたばかりのもの。 過去に作られた戦争映画では「日本=悪」という図式があり、またこの時期に制作・公開ということで、世間一般のイメージとしては反戦やアメリカ賛美的な作品なのでは?と、思われてしまいがちだが、彼が描きたかったものはそういったいわゆるステレオタイプの戦争映画ではなく、人間そのものだったと思う。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/24 23:41
ビヨンドtheシー 〜夢見るように歌えば〜
ビヨンドtheシー 〜夢見るように歌えば〜 好みが別れる作品だとは思うけれど、個人的には「Ray」の影に隠れてしまって日の目を見なかったのが残念に思う良作。脚本はもちろん編集技術、色彩・映像・音楽と非常にすばらしい出来で、ケビン・スペイシーの多才さに改めて関心させられた。(ケビンの微妙な気持ち悪さがまたいい) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/20 22:55
Haven(ヘイヴン)
結論:レゴラスが好き Haven(ヘイヴン)の試写会に行ってきました。 ダイビングのメッカ、ケイマン諸島を舞台にしたクライム・アクションムービー。オーランド・ブルーム演ずる、島で生まれ育ったシャイという青年のストーリーと、ビル・パクストン演ずる脱税オヤジのストーリーがが表裏一体になっているという、ここ最近映画でよく見かける手法の作品。正直に言ってしまえば、1,800円出してまで見に行く価値はないが、しかしストーリーはそこそこ面白かった。というのは、脱税オヤジの方のエピソードはなかなか見ご... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/06 10:56
イルマーレ
イルマーレ イルマーレ 「イルマーレ」のジャパンプレミア試写会にいってきました。 同名の韓国映画のリメイクということ以外、予備知識なく(普通のラブストリーだと思っていた)見たのだが、なかなか面白かった。大人のファンタジー作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/05 01:20

続きを見る

トップへ

月別リンク

DairArt MovieLog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる