DairArt MovieLog

アクセスカウンタ

zoom RSS SIN CITY

<<   作成日時 : 2005/10/01 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シン・シティ
まずまずセンスの良い作品に仕上がってはいたと思う。でも全然好きじゃないけど。

フランク・ミラーの原作コミックを、ロバート・ロドリゲスと原作者のフランク・ミラーと共同で監督した作品。また劇中に出てくるドライヴシーンでは特別監督としてクエンティン・タランティーノが参加している。非常にハードな作品なので誰もが楽しめるものではないけれど(自分なら絶対に子供には見せたくない)独特の世界観と色彩表現はなかなかのものだった。
舞台は救いようがない世界SIN CITY(罪の街)。私自身はこの世界観を美しいとかクールだとは決して思えないけど、最終的には無駄になる小さな正義が沢山の暴力の中でも存在してるのは、人がまだ愛を信じているから?はたまたすべてがギャグなのか、とにかく映画は突き進んでいく。
それにしても、いわゆる面白いシーンも沢山あるのだけれど、なぜか笑えない。自分自身が疲れていたため、ダウナーな気分で残酷なシーンを見るのは正直つらかったが、モノトーンにこだわって作られている所為でグロさは比較的後に残らなかったけれどね。
シン・シティ スタンダード・エディション [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SIN CITY DairArt MovieLog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる