DairArt MovieLog

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇宙戦争

<<   作成日時 : 2005/11/07 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

宇宙戦争
なんか「起承承承」な印象。しかし、パニック映画ならではのパワーは汲み取れる。
ストーリーの始まりにダコタ・ファニング演ずるレイチェルの手にとげが刺さるという小さいエピソードがあるのだが、それが伏線になっている・・・父親役のトム・クルーズが「化膿してしまうから、抜きなさい」と言うのに対して彼女が『ほっておけば、体が棘を自然に押し出すからいいの』という台詞が要するにオチを表しているというストーリー。
いろいろとても重要な事を訴えてはいるのだけれど、ご都合主義的なところが目についてしまうので、最後も軽々しい印象。でも、とにかくパニックの状態で人は噂も真実も理性も吹っ飛ぶっていうことをひたすら描いているわけだから、ストーリーのなかで起こることをいちいち気にする必要はないのかもしれない。
ちなみに映像もそれほど凄いとは思えなかったのだが、なにか得体の知れないものに追いかけられるという恐怖感、スピード感はなかなか。こういうある意味映画らしい映画は久々に見たので、いろいろ突っ込みたいけれどこの位で。
あ、ミランダ・オットーが出てた。
宇宙戦争 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇宙戦争 DairArt MovieLog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる