DairArt MovieLog

アクセスカウンタ

zoom RSS エターナル・サンシャイン

<<   作成日時 : 2005/04/08 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

エターナルサンシャイン
「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」の脚本を書いたチャーリー・カウフマンとミュージックビデオ界の奇才、ミシェル・ゴンドリー監督のタッグ。もちろん期待を裏切られる事のない作品だった。カウフマンの脚本は「脳」「心」・・・「記憶や夢」と「現実」との交錯を非常にうまくあやつって書かれていた。
この作品はカウフマンの書いた他の作品(マルコビッチやアダプテーション)と違って、ストーリーがどんな方向に進むのかが最初からわかる作品であるのだが、ミシェル・ゴンドリー監督の巧みな映像表現でぐっと引き付けられ、飽きることがなかった。色彩がとても美しく、とくにケイト・ウインスレットには目が釘付けになる。役者の演技も非常に素晴らしかったし、演出もとてもよかった。表現される些細なところ1つ1つが美しく、かわいらしく、リアルで、そして寂しい。
ラブ・ストーリーなのだが、恋愛のみならず、人との付き合い、人生がそんなに単純なものではないということをシニカルに描いている。「輪廻転生」とか「体内回帰」とか宗教的なものを感じさせられる一面もある、非常に面白い作品だった。

オフィシャルサイト:http://www.eternalsunshine.jp/
エターナルサンシャイン DTSスペシャル・エディション [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エターナル・サンシャイン DairArt MovieLog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる